スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣く予定の映画はアイメイクなしが基本です

映画「カラフル」見てきました!

原作が大好きで、池田進吾さんの装丁も大好きで
『劇場に見に行かなかったら後悔する!』と思ったので行ってきました
小説であんなに泣いたんだから、映画も当然泣くだろ(私は)と判断しましたので(笑)
アイメイクなしで劇場まで行ってしまいましたー
……結果、ぼろ泣きo(;△;)o

私は全然詳しくないので、絵がなんとかとか声優さんがなんとかとか正直分からないのです
なのでそこらへんはノーコメント…
やっぱりストーリーは素晴らしくって
小学生?中学生?の時に読んだから当然ラストも知っている訳だけどそれでも感動 ぼろ泣きでした
美術室の感じとか、親近感いっぱいで入り込みすぎました
(高校時代、美術専攻系だったので美術室に入り浸っていたのでかなり懐かしい)
個人的には等々力とか二子玉とか見たことある景色がたくさん出てきて
そこら辺もワクワク要素でした

私としては、かなりおすすめです
勿論小説もおすすめです
文庫版は確認していないので分からないのですが
ハードカバーは池田進吾さんの装丁です
タイトルの字とかノンブル(ページ数)の字とか凝ってます
ブックデザインの点でもおすすめです
カラフルカラフル
(1998/07)
森 絵都

商品詳細を見る

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

瑛(あき)

Author:瑛(あき)
一応デザイナー見習い
birth: 6.17 Gemini
日々奔走。

カテゴリー
FC2カウンター
グーバーウォーク
QRコード
お気に召しましたら携帯からも
QRコード
参加ランキング
気に入ったら押してくださると嬉しいです

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ

UNION
参加しています

blogram投票ボタン

Tree-Arcive
検索フォーム
最近のコメント
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。